ウェブサイトは定期的に、出来れば毎日、更新しよう!

 

更新しないことのデメリット

  • SEO的にも悪影響を受ける。
    Googleは日々アルゴリズムを変更しています。
    ウェブサイトを更新しないということは、Googleのアルゴリズムについて行けていないと言う事になります。検索順位がどんどん落ちていきます。
  • URLが https:// になっていますか?
  • モバイルに対応(レスポンシブ使用)になっていますか?
    (スマホからの閲覧者が少なくても、モバイル対応が今や必須です。)
  • サイトが1カラムになっていますか?
  • 的確な情報を提供できなかったら、ユーザーは検討や行動を止めて、帰ってしまい二度と来てくれない。
  • 数ヶ月~数年、更新していないページは、ユーザーを不安にさせる。悪印象を与える。
  • ウェブサイトの悪印象の第一位は、こまめに更新していないサイト。
  • 更新していないサイトは、ユーザーが定期的にチェックしなくなる。
  • ECサイト、ショッピングサイト、通販サイト等は季節毎のイベントやキャンペーンが必須。
  • こまめな更新は、アクセスアップにも有効。問い合わせや、売上げアップに繋がる。
  • 古い情報のままでは、トラブルに繋がることも。
 
 

こまめな更新を継続する具体策

  • 社内で更新作業が出来るようにしておきましょう。
  • 担当者を決める。当番制にする。部署毎に担当者を決める。
  • 記事作成上のガイドラインや手順を決めておく。
  • ワードプレス等でサイトを作り、ブログに記事を投稿する。(CMS化)
  • 「お客様の声」を常日頃から収集し、掲載する。
    (カスタマーレビューは最も読まれるコンテンツです。)
  • 毎日更新すると、1年で365ページ増える。
    (先ずはコンテンツの量で勝負)SEO的にも有利。
  • 質の高いコンテンツの更新にシフトしていく。
  • アクセス解析(グーグル・アナリティクスなど)を毎日チェックして、改善を重ねる。
  • キーワードをピックアップして社内に貼りだし、アイデアを募る。
  • 制作会社に任せっきりにしない。
  • 過去の記事を修正、加筆する。タイトルを工夫する。
  • コピーライティングの勉強をする。
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA